面談での法律相談

30分あたり5000円です(税込)。ただし、借金(債務整理)の相談は無料です。

なお、交通事故被害者の方で、自動車保険等に弁護士費用特約が付いている場合は、相談料を保険会社が支払いますので、自己負担なしでご相談いただけます。ご加入の保険会社にご確認ください。

オンライン法律相談

ZOOMを利用したオンライン法律相談を実施中です。

30分あたり5000円(税込)です。詳しくは、ZOOMによるオンライン法律相談のページをご覧ください。

ご依頼いただく場合

着手金と報酬金について、旧日本弁護士連合会報酬等基準に準拠するのを基本としています。着手金と報酬金は、経済的利益に、定められた一定割合を乗じて計算します。
着手金は受任時にお支払いいただく費用です。
報酬金はご依頼の件の成果に応じてお支払いいただく費用です。

基準は以下のとおりです。いずれも税抜です。
※事案内容、難易等により、異なる金額になる場合もあります。なお、事案によっては、着手金・報酬金の2段階制ではなく、タイムチャージ制(時間制報酬)を採用させていただく場合もあります。

● 経済的利益が300万円まで
着手金 8パーセント
報酬金 16パーセント

● 300万円を超え3000万円まで
着手金 5パーセント+9万円
報酬金 10パーセント+18万円

● 3000万円を超え3億円まで
着手金 3パーセント+69万円
報酬金 6パーセント+138万円

※ 最低着手金
10万円ないし15万円

ご加入の保険等に弁護士費用特約がついている場合、上記費用を300万円まで保険会社が支払ってくれます。死亡事故や重い後遺症がある場合を除き、弁護士費用が300万円を超えることは余りありません。ご依頼いただく前に、弁護士費用の見通しや計算方法をお示しし、ご納得いただいてからのご依頼になりますので、ご安心ください。

>>交渉を受任する場合の弁護士費用の一例

その他の場合

上記は原則ですが、事案の内容やご依頼者様の経済状況等に応じて、金額やお支払方法等、お話し合いさせていただくことも可能です。ご依頼をお受けする前に弁護士費用をご説明いたします。